こっそり&しれ~っと始めます。

2017年7月4日

家の裏に自生してるミツバに、キアゲハの幼虫を3体発見。
image
捕獲
image
さらに、庭の山椒の木にカラスアゲハっぽい幼虫を発見!
4体、捕獲
image
左の緑色2体は5齢、右の黒っぽい1体は4齢、もう1体は3齢かな?
黒っぽいのは、鳥の糞に擬態してるんですってよ!奥さん!

2014年(1年め)に捕獲したアオムシにセリをあげても食べなかったのは、クロアゲハの幼虫の食草は、カラタチ、ユズ、サンショウだったからだと今更ながら。
セリ科の植物を食べるのはキアゲハなんだそうだ。

2014年、2015年とアオムシの観察日記を書きましたが、去年は捕獲できずに書けなかった。
ってことで、今年は多めに捕獲(笑)

随時更新します。


2017年7月5日

カラスアゲハの方の大きい2体は蛹になってもおかしくない感じだったんで、虫かごの両脇にキッチンペーパーでよじ登る場所を作る。
image

ゲ!
写真を撮り忘れたけど、黒に近い茶色の下痢状の糞みたいなのをしてる!
※蛹になってから腸内で腐敗するのを防ぐため、蛹になる前に余分な水分を下痢状の糞として排出するのだそうだ!
それっぽいアオムシ君1号がウロウロしてる。
これは、蛹になる場所を探してるんだな~


2017年7月6日

天井の網になってるとこに決定したようだ。
蛹になる前のこの状態を 前蛹 というのだそうだ。
image
夕方
ゲゲ!
今度は、別のアオムシ君2号が下痢状の糞をしている!
image
2号は1号と反対側の天井に決まったらしい。
image

アオムシ君1号は、すでに脱皮して形態が変わっとった!
image
下にカスみたいなのが落ちていたのは、脱皮した抜け殻だったんやな~
image
だいたい5分とかそんぐらいで脱皮するんだって!

その頃、キアゲハの幼虫君は・・・

ムシャムシャ・・・


2017年7月7日

カラス1号君、色が少し変わってた。
image
2号君、昨日よりくの字。
image
キアゲハ君たち。
模様の緑の部分が増えた!
おっきくなた~
image

7月8日
ゆんべ、上のような葉の状態だったものが、一晩で茎だけに!
UNKもいっぱい!
image

くの字だったカラスアゲハ2号君が、蛹になってました。
image
2号君の脱皮
image
昨日まで鳥の糞に擬態してた3号君が、緑色になってやした!
image


2017年7月9日

キアゲハの箱でガットパージ(今年覚えた用語)!
蛹になる前に下痢状の糞をするのは、腸内の内容物を排出させないと蛹になってから腐敗して死ぬこともあるからなのだそうだ!
ガットパージは、蛹になる合図!
image
あ、また天井にいた~
まだ位置決めの最中みたいだな。
image


2017年7月10日

なんやきみ、そこに決めたんかい。
ツルツルの面にも張り付けるんかーい(笑)
image
あぁ…ツルツルの面だからなのか、糸をいっぱい出して張り付いとるなぁ(;´Д`)
ダイジョウブなの?
image
と、もう1箇所ガットパージ!
image
う~ん、キアゲハの方は、一気に成虫になるかもしれんな~

あれ?
カラスアゲハのまだ茶色いちっこいやつが見当たらない・・・
・・・あ!脱皮中!
image

カラス2号は、色が茶色がかってきた。
大丈夫なのか?
image
カラス1号は変わらず。
image

2017年7月11日

あ!キアゲハ1号が蛹になっている~
image
矢印は、蛹化した1号と3号。
image
2号はまだだ~
image


ぐがぁぁ~!
2号も蛹になってる~!
image
そして、水が濁ってるぢゃないのさ!
image
3号め!水の中にガットパージしやがったな~
あ、矢印は2号の抜け殻。
image
カラスアゲハの蛹化した1号2号は変化なし。
3号と4号は、順調に食って大きくなってきた。

2017年7月12日
14:00
キアゲハ3号が蛹になってる!
しかもミツバの葉の影で(;´Д`)
image

カラスアゲハ2号が茶色いので調べたら、ハエやハチに寄生されているかもしれないということで、ポケットを作り隔離してみることにした。
と思ったが、ネットを参考に、全部の蛹をポケットに入れてみることにした。
image
ポケットの深さが微妙で、浅すぎると羽化の途中で落ちでしまうかも、とか、
深すぎると羽化の途中で出てこられない、とか。
曲がってる胸のあたりまでって書いてるけど、ちょこっと切ると浅くなっちゃう(;´Д`)
なので、このまま様子見。
個体差で、浅いのか深いのかわからいんだよなぁ~


2017年7月13日
キアゲハ3号もポケットに入れた。
image
そんでもって、羽化時の足場になるように、木製の洗濯ばさみをはさんでおきますよっと。
蛹の1cmぐらい上だそうだ。
image


2017年7月14日

カラスアゲハ、3齢4齢から捕獲した黒っぽい幼虫(3号と4号)のうち大きい方の3号、4齢の黒から5齢の緑へ変わった時からスケー食うなぁと思っていたが、見た目がまだ小さいと思ってたら、ガットパージしてた!
image
蛹になる場所を探して動き回ってるス。
image
4号はまだ小さい。
うんちも小さい。
けど、スゲー食うから、こいつも小さくても蛹になる??
image


2017年7月15日
13:00頃のカラスアゲハ3号の様子。
蓋の裏に決定して、くの字(前蛹)。
image
そして4号。
もりもり食ってる。
image
image

一番最初7月6日に蛹になったキアゲハ1号。
羽化はまだのようだ。
image
奥の1号にピント合っちゃってるけど、茶色くなったキアゲハ2号は変化なし。
image
その他の子たち。
image


2017年7月16日
6:30頃
ヅガーーーン!(;´Д`)
羽化はまだだと思っていたキアゲハ1号が羽化していた!!!
くそう!羽化を撮影する為にタイムラプス機能付きのアクションカメラ買ったのに!
image
そして、前4匹のキアゲハ、カラスアゲハの付箋の記載が間違っていた(;´Д`)
image
↑ 7/6 ①、7/8 ②、7/10 ①、7/11
7/12 キ③は合ってる。

昼前
空前絶後の大雨の隙を見て、さようなら~
卵を産みに戻って来てね~
image
うほっ!
カラスアゲハ3号が蛹になっていた。
image

2017年7月17日

カラス3号をポケットに移すべく引き剥がすと、なんだか、体に切れ目(?)がある・・・
image
直近に蛹になったキアゲハ3号と比べても、やはり切れ目というか凹みというか、がある。
そして、小さい。
茶色くて小さいキアゲハ2号共々、心配だ(;´Д`)
image
とりあえず、ポケットにINしてみた。
image
最後のカラス4号はまだ小ぶりなものの、モリモリ食ってる。
image

16:30頃
カラスアゲハ4号、最後の子がガットパージしてた。
糞も小さし身体も小さいんだけど、それなりの幼齢だってことだすな。
image


2017年7月18日
今日はカラス4号が蛹になる位置が決定してから変化がなかった。
image

21時過ぎ
カラス4号が蛹になっていた。
image
それと、7月11日に3体めに蛹になったカラス1号の中身が透けてる。
image
1体めのキアゲハ1号の羽化を撮り損ねたので、カメラをセットした。
今回は、ちゃんと撮れたらいいなぁ。
image


2017年7月19日
6:30頃

すでに羽化していた。
羽がシワシワだったので、まだ羽化して間もないのかな。
羽化の様子をタイムラプス機能のカメラで撮った。
撮れていた・・・と言っていいものか。
撮れてはいたけど、30秒に1コマの設定にしていたら、蛹からバッと出てきて終わり、みたいな(;´Д`)
次回は10秒or5秒に1コマの設定にしよう!

※YouTubeの動画加工ツールで「スローモーション 8倍」に加工しました。

で、カラスアゲハだと思っていたら、またしても黄色い!
1体めに羽化した個体と比べてみる。

上が今日羽化した個体、下が16日に羽化した個体。
image
1体めは、山椒の葉についてたやつなので、調べたらどうやら
ナミアゲハ
というアゲハらしい。
2014年に緑色のアオムシから黒いアゲハが羽化したんで、てっきりまたクロアゲハだと思ってた。
そして、ポケットに入れた状態の付箋の記載、やっぱし間違ってなかった!

整理してみる。

 蛹化した日 食草  身体の色羽化した日 備考 
 1 7/6 山椒 緑 7/16 
 2 7/8
 山椒 緑  茶色く変色
 3 7/11 ミツバ 黒と緑の縞 7/19 
 4 7/11 ミツバ 黒と緑の縞  
 5 7/12 ミツバ 黒と緑の縞  
 6 7/16 山椒 緑  身体に凹み
 7 7/18 山椒 緑  

現在羽化したのは、1と3。
3はキアゲハ、1はナミアゲハ。
とすると、山椒に付いていた他の3体もナミアゲハなのかな。

ってなことで、2体めを野に放つ
image


2017年7月20日
18日に蛹になった、最後のアオムシをポケットに入れる。
 7/19って書いてる!
後で訂正しとく~
image

22:50
キアゲハ2号がスケスケ~
image
タイムラプス撮影の準備をしていたら、誤って蛹を数十cm、コンクリの床に落下させる(;´Д`)
・・・・・なんか、汁出た?
・・・・・ダイジョウブやろか・・・(;´Д`)

2017年7月21日
6:30

無事に羽化しとった~
いがった!!
image
今回の動画は、こんな感じ
ピントもアングルも、なんもかんも良くなかったヅラ~(;´Д`)


野に放つ~
キアゲハ1号と比べると、背中の毛が、もっさぁ~
image

21時ころ、ちょっくらコンビニへ~の際見た時は変化がなかったキアゲハ3号。
10分後ぐらいにコンビニから帰ってきたら、スケスケ~!
ほんの数分で透けるんやね!
image
今日も動画撮影の準備~
今回は、タイムラプス2秒の設定にしてみる
image



2017年7月22日
5:00

ポケットの作りがダメだったらしく、落下していた
ぶら下がって翅を乾かせないと、しわくちゃのまましっかりと広がらなくなるので飛べない。
一度羽化失敗したら、もうダメらしい・・・
本当にごめん!!!
image
ポケットのクチが斜めすぎたんだ(;´Д`)
もっと水平に近い感じで切ればよかったんだな。
imageimage

ごめんよ~
image



蛹化した日食草 身体の色 羽化した日備考-1備考-2
 1 
7/6 山椒7/16
 2 7/8山椒
 蛹が茶色く変色 
 3 7/11  ミツバ  黒と緑の縞 7/19
 4 7/11 ミツバ黒と緑の縞7/21
 5 7/12 ミツバ黒と緑の縞7/22  羽化失敗 
 6 7/16 山椒蛹の身体に凹み
 7 
7/18 山椒


2017年7月23日
特に変化なし
記録的な大雨


2017年7月24日
10:40

朝には気付かなかったが、蛹ポケットを並べてる虫かごの中に、アゲハ蝶じゃない生き物がいる!
image
蓋してあるので、外部からの進入ではない・・・とすると
あ!
7月8日に蛹化して動かなくなってた蛹に丸い穴が開いている!
image
調べたら、アゲハヒメバチだということがわかった。
人を刺さないハチで、みかん農園ではアゲハ幼虫による食害対策に利用されることもあるそうだ。

アゲハヒメバチに寄生されている蛹の特徴は、こちらリンクの「寄生虫」の箇所を参照。
前記リンクより、
・通常より小さくなる傾向がある。
・前蛹から蛹に脱皮して2日~3日後に蛹にふれても蛹が動かない。
・蛹の下の方にアゲハヒメバチ幼虫の脱皮殻や糞が溜まって黒く見える。
が当てはまっている。

益虫やゆーても、なんかコワイ(;´Д`)
  蛹化した日 食草 身体の色 羽化した日 備考-1 備考-2
1 7月6日 山椒 7月16日    
2 7月8日 山椒 7月24日 蛹が茶色く変色 アゲハヒメバチ
3 7月11日 ミツバ 黒と緑の縞 7月19日    
4 7月11日 ミツバ 黒と緑の縞 7月21日    
5 7月12日 ミツバ 黒と緑の縞 7月22日   羽化失敗
6 7月16日 山椒   蛹の身体に凹み  
7 7月18日 山椒      


2017年7月25日
特に変化なし


2017年7月26日
変化なし
残り2体。6号と7号。
緑色の6号は蛹の身体に凹ができたやつ。これも寄生されてる?
茶色い7号のポケットを作り直した。
image


2017年7月27日
特に変化なし


2017年7月28日
特に変化なし
16日に蛹化した6号は、やはり10日以上経った今も変化なし。
なんだか、中身が無いような軽さ。。。
18日に蛹化した7号は、ポケットから出すと下半身をクニクニと動かすので大丈夫っぽい。
しかし、小さい。
明朝あたり、羽化するかな~
image


夕方に茶色が濃くなり、夜になると透けたので、羽化の準備。
image
前回の羽化失敗を教訓に、もし落下しても這い上がって来られるように、全体を洗濯ネットで覆ってみた。
上記写真を良く見るとわかると思うが、羽化する際に掴まりやすいように洗濯バサミにカッターでキズをつけた。
image


2017年7月29日
7:30

7:00にはまだ蛹のままだったが、30分後に見たら羽化してた。
今回は失敗しなかったようで、ホッとした。
image
今更ながら、オス・メスの違いを調べてみた。
こちらを参考にすると。。。
腹部の先端が三角っぽいので、オスかな?
image

image

  蛹化した日 食草 身体の色 羽化した日 種類 備考-1 備考-2
7月6日 山椒 7月16日 ナミアゲハ    
7月8日 山椒 7月24日   蛹が茶色く変色 アゲハヒメバチ
7月11日 ミツバ 黒と緑の縞 7月19日 キアゲハ    
7月11日 ミツバ 黒と緑の縞 7月21日 キアゲハ    
7月12日 ミツバ 黒と緑の縞 7月22日 キアゲハ   羽化失敗
7月16日 山椒     蛹の身体に凹み  
7月18日 山椒 7月29日 ナミアゲハ   小さい

6号は寄生されているのか何なのか羽化しない感じなので、この7号の羽化が今年最後かなぁ。
ということで、6号に何か動きがあったら追記することにします。



2017年8月4日
20時30分


夕方17:30頃には変化がなかったが、20:30頃に帰宅すると、ヒメバチが羽化していた。
15018460130890
やはり、蛹化してから動きがない&蛹が小さい、だと、寄生されているってことだなぁ。
蛹化してから、ちょうど20日。

これをもちまして、今年の「オオサトの夏の観察日記」は終了します。
来年も機会があったら、是非やりたいと思っております。
ありがとうございました。

まとめ
  蛹化した日 羽化した日 種類 備考-1 備考-2
1 7月6日 7月16日 ナミアゲハ    
2 7月8日 7月24日   蛹が茶色く変色 アゲハヒメバチ
3 7月11日 7月19日 キアゲハ    
4 7月11日 7月21日 キアゲハ    
5 7月12日 7月22日 キアゲハ   羽化失敗
6 7月16日 8月4日   蛹の身体に凹み アゲハヒメバチ
7 7月18日 7月29日 ナミアゲハ    






番外編
2017年7月29日

#197で、小坂の「井戸っこ」という湧き水まで水温を計測しに行きました。
「しんはな会館」と書かれた、ま新しい町内会館(?)の敷地の端っこにあります。
そこにエビが居たのですが入れ物を持っていなかった為、捕獲できずに帰ってきました。

ということで、再度、行ってきたっす!(笑)
水温は11℃!
先日より1℃低い!
image
で、エビ捕獲
image
一部拡大
image
調べたら、どうやらニッポンヨコエビってやつっぽい。
淡水性のヨコエビそりゃ淡水
水草が茂る比較的綺麗な池や沼に生息している水草いっぱいあった。水もスゲー綺麗。
流れのある河川にはほとんど生息していないほとんど流れはいとこに生息しとった。
全体的に黄褐色で、オレンジ色や暗褐色の斑紋が見られるちゃんと見てなかった(;´Д`)

こちらに詳しく書いてますので、興味のある方はどうぞ虫Navi「ニッポンヨコエビ」
よし!もっかい行って今度は超マクロで写真撮る!

容易に飼えるって書いてるサイトもあったので、飼ってみるべかな~



帰りに仁叟寺に立ち寄って、蝉の抜け殻集め~
image
杉の木に絡まってる蔦の葉の裏で羽化してるのが多かった!
下の画像は、羽の模様から、アブラゼミ?
image



スマホの画像フォルダを整理してたら、7月10日にこんなん撮ってた。
image
自宅の網戸にいたカマキリの子供なんだけど、餌が小蝿とかなので飼うのはやめた(笑)